COUNCIL OF FASHION DESIGNERS, TOKYO  東京ファッションデザイナー協議会  TEL : 03-5413-3188

  • ニュース
  • TOKYOコレクション
  • ブログ
  • CFDについて
  • CFDメンバー

Top > NEWS一覧 > NEWS - ニュース

NEWS

2010.02.21

荒川眞一郎さん、稲葉みちよさんが競輪のイメージチェンジに一役
「MATSUDO G1日本選手権競輪」開催に向けスタッフユニフォームを一新

松戸競輪場が「第63回日本選手権競輪(G1)」開催にむけ場内スタッフのユニフォームを一新致します。このイメージチェンジにCFDが協力し、会員デザイナーにデザイン画を公募。松戸競輪場関係者による選考会が行われ、稲葉みちよさん(MICHIYO INABAデザイナー)、荒川眞一郎さん(SHINICHIRO ARAKAWAデザイナー)のデザインが採用されました。

稲葉みちよさんが手掛けた窓口女性のユニフォームは広めのスタンドカラー、ウエストをシェイプさせたチュニック丈のすっきりとしたデザイン。自転車をイメージしたシルバーグレーに空色のコンビネーションカラーでエコ・スポーツをアピール。 ウエストはベルトでサイズ調整可能、Tシャツでもブラウスでも着用できるようなネックラインにするなど女性ならではの配慮が各パートに生かされていて、スポーティーな中にもエレガントさが漂うユニフォームに仕上がっています。

荒川眞一郎さんはブルゾン、接客服、警備服の3種類のデザインを担当。競輪マークを全面にプリントしたブルゾンは、街で着られるバイシクルウェアのテイストを入れ込み、カジュアルとスポーティーを持ち合わせた斬新でシャープな印象のデザインとなっています。
接客を担当する女性の制服にはポスターカラーのパープルを使用。荒川さん独特のテーラードのような襟が途中で消えるデザインをベストに取り入れ、ブラウスにはサイクリングのプロテクションを連想させるパッチを施すなど、シンプルながら凛としたイメージに仕上がっています。
警備服はサイクリングのプロテクション機能を思い起こさせるパッチを肩と肘に施したテーラードジャケットで、従来の警察官のような雰囲気から紳士的なイメージに。

この2名のデザイナーによるユニフォームは3月2日から開催される「MATSUDO G1」からお披露目されます。 ぜひ会場に足を運んで新しいユニフォームを実際にご覧ください。

写真1
稲葉みちよさんデザイン
写真2
 荒川眞一郎さんデザイン

第63回日本選手権競輪  MATSUDO GI  2010年3月2日(火)〜7日(日)
開催:松戸競輪場/後援:経済産業省
松戸けいりん  http://www.matsudokeirin.jp/